インターネット時代で活躍|購買意欲がグングン増す方法を試そう|店頭POPのクオリティをUP

購買意欲がグングン増す方法を試そう|店頭POPのクオリティをUP

インターネット時代で活躍

カタログ

広告効果がある

通信販売などにおいて商品のラインナップを一目で確認できるものとして総合カタログがあります。どの程度の商品ラインナップがあるのかそしてほしいものを探す利便性など総合カタログにはその魅力はたくさんあります。しかしデメリットもあります。商品数が多くなれば、総合カタログを作成する費用が掛かります。総合カタログは基本的に無料配布していますのでコスト負担になるのです。また価格を変動させにくいこともあります。インターネット掲載であれば、価格を変動させることも容易です。しかしカタログに記載している場合、値下げなどを除いて変動させることが難しいのです。そしてインターネットで検索性が優れたホームページが主流になり総合カタログの需要が少なくなっています。

コスト削減を重視

消費者はほしいものだけをピンポイントで検索します。インターネットの利便性はそこにあります。しかし総合カタログは他のページも見てもらえる効果があります。いわば商品の広告にもなるのです。そのためインターネットが活躍している現在においても総合カタログが出回っているのです。特に企業向けに関してはインターネットよりカタログ注文のほうが多くなっています。そのため企業向けの用品などを扱う店はカタログ重視で作成しているのです。カタログを発行するにあたってコストは自社負担になりますので、できる限り印刷コストを抑えることが大事です。紙質を変更したり、印刷インクの使用を変更したりすることで作成コストの負担を減らすこともできます。